先輩の声

桐山 知弘さん

子育てと両立しながら、
将来のキャリアも
考えられる

CHIHIRO KIRIYAMA

INTERVIEW

vol.01

看護師

入社1年半

NAME

桐山 知弘さん

VOICE TITLE

子育てと両立しながら、
将来のキャリアも考えられる

子育てとの両立を目指して転職

看護学校を卒業後8年間、一つの総合病院に勤めていました。その間に結婚、出産も経験。出産後しばらくは育児時短勤務の制度を利用していましたが、その期限が切れ、フルタイムかパートかの選択をしなければならないときに、転職を決めました。理由は2つあります。まずは通勤時間も含めて働きながらでも子どもとの時間を最大限に取りたかったこと。もう一つは、それまで総合病院の内科でしか勤務をしたことがなかったため、新しい環境でも働いてみたいと考えたのです。

利用者さま一人ひとりと向き合った
時間が取れる

現在の仕事は、看護師として施設の利用者さまへの訪問看護を中心に行っています。病院だとどうしても指示された治療を行うだけで、患者さまとゆっくりとお話をする時間も取れませんが、ここではお一人おひとりのお話をしっかりと聞くことができる。その上で困ったことや自分では判断がつかないことがあれば、同じ時間帯のシフトに入っている看護師や提携する病院のドクターに気軽に相談することもできるので安心です。

将来のキャリアアップも目指せる

ぬくもあに入社する際には、家庭の事情や将来のキャリアについての希望も正直に話した上で、今は日勤のパートタイムでシフトに入っています。当施設には日勤で3~4名の看護師が常駐しているため、子どもの急な発熱などでも融通を利かせてもらえたり、いずれは正社員としてフルタイムへの移行もさせていただく予定です。また元々介護の仕事にも興味があったため、ゆくゆくはケアマネージャーの資格取得も目指すなど、将来のキャリアを含め、自分の選択肢が広がりました。

1 DAY SCHEDULE
ぬくもあのここがオススメ

家庭の事情も考慮の上、
働き方の相談にも
乗ってもらうことができました。
面接の際にも、簡単な意識調査の
書き物があったのですが、
「ゆっくりでいいですよ」と声を
掛けてもらったのは、
嬉しかったですね。

↑